1. タブ1
  2. タブ2
  3. タブ3
  4. タブ4
  • Tips

更新ビューの値をクライアント間で同期する方法

更新ビューを作成しているテーブルの場合、Tr-cd:SM30から値を更新することができます。テーブルの内容がカスタマイズやマスタに相当するものである場合、他のクライアントにも反映する必要が出てきます。テスト環境、本番環境にも反映させる値の場合は、移送依頼を取って移送するのが基本ですが、簡易

  • Tips

SAP標準項目のテキストを変更する方法

SAP標準の項目には慣れていないユーザーからすると分かりづらい名称になっていることが結構あります。基本的には標準項目はそのまま使うというのがセオリーにはなりますが、どうしても変更したい場合や本来とは違う用途として空き項目を活用する場合に、項目名を任意のテキストに変更したい場合がありますよね

  • 生産管理(PP)

仮想的なグルーピングのためのファントム品

主にPPが導入されている時に使う言葉で『ファントム品』というものがあります。品目やBOMあたりの要件定義をする時に検討することになるもので、製品を製造するときに使う構成品をまとめる概念的な位置付けとして登録されるものです。今回はこのファントム品について説明していきたいと思います。

  • 販売管理(SD)

販売管理(SD)で使う取引先機能

SDモジュールの基本プロセスとして『受注→出荷→請求』となりますが、そのプロセスを流すためにはBPマスタ(得意先)が必要となります。基本的には商品・製品やサービスを売るのがSDの領域となるため、どこに売るのかというのが管理出来ないといけませんが、取引している企業が大企業である場合、この『売

  • Tips

更新ビューの値をクライアント間で同期する方法

更新ビューを作成しているテーブルの場合、Tr-cd:SM30から値を更新することができます。テーブルの内容がカスタマイズやマスタに相当するものである場合、他のクライアントにも反映する必要が出てきます。テスト環境、本番環境にも反映させる値の場合は、移送依頼を取って移送するのが基本ですが、簡易

  • Tips

SAP標準項目のテキストを変更する方法

SAP標準の項目には慣れていないユーザーからすると分かりづらい名称になっていることが結構あります。基本的には標準項目はそのまま使うというのがセオリーにはなりますが、どうしても変更したい場合や本来とは違う用途として空き項目を活用する場合に、項目名を任意のテキストに変更したい場合がありますよね

  • 生産管理(PP)

仮想的なグルーピングのためのファントム品

主にPPが導入されている時に使う言葉で『ファントム品』というものがあります。品目やBOMあたりの要件定義をする時に検討することになるもので、製品を製造するときに使う構成品をまとめる概念的な位置付けとして登録されるものです。今回はこのファントム品について説明していきたいと思います。

  • 販売管理(SD)

販売管理(SD)で使う取引先機能

SDモジュールの基本プロセスとして『受注→出荷→請求』となりますが、そのプロセスを流すためにはBPマスタ(得意先)が必要となります。基本的には商品・製品やサービスを売るのがSDの領域となるため、どこに売るのかというのが管理出来ないといけませんが、取引している企業が大企業である場合、この『売

  • Tips

更新ビューの値をクライアント間で同期する方法

更新ビューを作成しているテーブルの場合、Tr-cd:SM30から値を更新することができます。テーブルの内容がカスタマイズやマスタに相当するものである場合、他のクライアントにも反映する必要が出てきます。テスト環境、本番環境にも反映させる値の場合は、移送依頼を取って移送するのが基本ですが、簡易

  • Tips

SAP標準項目のテキストを変更する方法

SAP標準の項目には慣れていないユーザーからすると分かりづらい名称になっていることが結構あります。基本的には標準項目はそのまま使うというのがセオリーにはなりますが、どうしても変更したい場合や本来とは違う用途として空き項目を活用する場合に、項目名を任意のテキストに変更したい場合がありますよね

  • 生産管理(PP)

仮想的なグルーピングのためのファントム品

主にPPが導入されている時に使う言葉で『ファントム品』というものがあります。品目やBOMあたりの要件定義をする時に検討することになるもので、製品を製造するときに使う構成品をまとめる概念的な位置付けとして登録されるものです。今回はこのファントム品について説明していきたいと思います。

  • 販売管理(SD)

販売管理(SD)で使う取引先機能

SDモジュールの基本プロセスとして『受注→出荷→請求』となりますが、そのプロセスを流すためにはBPマスタ(得意先)が必要となります。基本的には商品・製品やサービスを売るのがSDの領域となるため、どこに売るのかというのが管理出来ないといけませんが、取引している企業が大企業である場合、この『売

  • Tips

更新ビューの値をクライアント間で同期する方法

更新ビューを作成しているテーブルの場合、Tr-cd:SM30から値を更新することができます。テーブルの内容がカスタマイズやマスタに相当するものである場合、他のクライアントにも反映する必要が出てきます。テスト環境、本番環境にも反映させる値の場合は、移送依頼を取って移送するのが基本ですが、簡易

  • Tips

SAP標準項目のテキストを変更する方法

SAP標準の項目には慣れていないユーザーからすると分かりづらい名称になっていることが結構あります。基本的には標準項目はそのまま使うというのがセオリーにはなりますが、どうしても変更したい場合や本来とは違う用途として空き項目を活用する場合に、項目名を任意のテキストに変更したい場合がありますよね

  • 生産管理(PP)

仮想的なグルーピングのためのファントム品

主にPPが導入されている時に使う言葉で『ファントム品』というものがあります。品目やBOMあたりの要件定義をする時に検討することになるもので、製品を製造するときに使う構成品をまとめる概念的な位置付けとして登録されるものです。今回はこのファントム品について説明していきたいと思います。

  • 販売管理(SD)

販売管理(SD)で使う取引先機能

SDモジュールの基本プロセスとして『受注→出荷→請求』となりますが、そのプロセスを流すためにはBPマスタ(得意先)が必要となります。基本的には商品・製品やサービスを売るのがSDの領域となるため、どこに売るのかというのが管理出来ないといけませんが、取引している企業が大企業である場合、この『売