開発者キーが確認できるテーブル:DEVACCESS

プログラムやテーブルなど、アドオン系のオブジェクトを作成・変更するためには、対象のユーザーに対して開発者キーを発行してもらい、それをSAP GUI上でユーザーに紐付けることで開発できるようになります。

 

このユーザーIDに紐付いている開発者キーを確認するために活用できるテーブルとして『DEVACCESS』というのがあります。

テーブル構成としてはシンプルで、ユーザーIDと開発者キーの2項目だけのテーブルです。

 

そんなに使用頻度は高くないのですが、ユーザーIDの棚卸し等で開発者キーを持っているユーザーの洗い出しをしないといけないような場合に使うので、覚えておくと便利です。

この記事は役に立ちましたか?

もし参考になりましたら、下記のボタンで教えてください。

RELATED

コメント

この記事へのコメントはありません。